INSTITUTE PHYSICAL ART JAPAN

 VFM

GAIT

Functional Gait Component Assessment and Treatment

 身体機能の多くの側面は、患者の歩行と寝返りパターンに反映されるモーターコントロールの問題によって妨げられます。歩行における機能障害を観察し、ポジティブな影響を与える技能(スキル)は、整形外科疾患および中枢疾患患者のリハビリテーションにおける強力な道具(ツール)となります。

 Functional Gaitコースでは、他のIPAコースで学ばれる基礎的な技術を基にして、構造因子およびモーターコントロール因子をそれぞれに影響する要因の評価と制御に焦点をあてています。

各々の歩行構成要素に対して自己評価とパートナーによる評価を行い、PNF、CFSとFMを用いて治療を行います。

☆1:FM ll を受講するためにはFM I を履修している必要があります

☆2:FMLQ、FMUQを受講するためにはFM I 、PNF lを履修している必要があります

☆3:IPAとは異なる組織であるCrunkeyser Physical Therapyによるコースを履修

☆4:Gait or VFM の1つを履修 case study or literature reviewの1つを提出

FM I                    : Functional Mobilization I

CFS/BET             : Core First Strategy /Back Education and Training

PNF I                   : Proprioceptive Neuromuscular Facilitation I (Note:  The Kaiser Vallejo program will not prepare you to pass the PNFI exams.)

FMT Foundations : This course is offered by Crunkeyser, LLC.  Register at crunkpt.com.

FM II                    : Functional Mobilization II

FMLQ                  : Functional Mobilization Lower Quadrant

FMUQ                  : Functional Mobilization Upper Quadrant

2018 IPA Japan All Rights Reserved.

IPA : http://www.instituteofphysicalart.com